コストコ【ブン・チャー(ベトナムつけ麵セット)】ベトナム・ハノイの人気麺が家庭で手軽に食べれます!

コストコ

海外旅行が大好きな我が家!

日本から脱出できない期間は、『コストコ』で海外気分を味わっています。  

コストコの商品はどれも大量なので一度買い物に行くと我が家の冷蔵庫や冷凍庫は、

8割以上がコストコ商品で埋め尽くされます! 

 

我が家がいつも購入するお気に入り商品や新商品情報などレビューしていきます!

リピしている商品のおすすめポイントやリピしない商品の理由(個人的意見)を

お伝えしたいと思います!  

少しでも参考になれば幸いです!  

youtubeでも商品紹介をしているので、よろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

【商品名】

ブン・チャー(ベトナムつけ麵セット)

Bun Cha

492g

原産国名:ベトナム

栄養成分表示1食分(123g当たり)推定値
熱量319kcal
たんぱく質6.8g
脂質0.5g
炭水化物71.9g
食塩相当量4.4g

 

【購入金額】

★2022年8月購入時★

購入金額:::868円

1食当たり:::約217円

【特徴】

首都ハノイ発祥の人気メニューのひとつであるブンチャー(ベトナム風つけ麺)がついに日本上陸。
味付けした豚肉スライスと極細の米麺「ブン」をエスニックなつけダレ(甘じょっぱい)で食べるお料理です。
辛くないので、辛いものが苦手な方もお楽しみいただけます。
料理の材料は、豚ばらスライスとレタスだけでOKです。
※店内案内より

ブンチャーとはベトナム・ハノイで人気の麵料理。炭火で焼いた豚バラ肉とブン(そうめんのような極細のお米麺)を甘酸っぱいつけダレで食べる料理です。
4食分入り 1食約217円計算です。
米めん:68g
春雨のように細いです。
つけだれ&下味パウダーセット
つけだれ:50g
 
魚醬、砂糖、にんじん、大根、にんにく、唐辛子、食塩などが入っているそうです。
下味パウダー:5g
 
砂糖、エシャロットパウダー、魚醬パウダー、食塩、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、こしょう末、植物油脂、オイスターパウダーなどが入っているみたいです。

【食べてみた】

<調理方法>準備するもの:豚バラ肉100g、レタス3枚程度
①お肉を焼く
豚バラ肉100gに添付の炭火焼肉風味パウダー(下味パウダー)をまぶし、フライパンでカリッとなるまで焼く。
※豚バラ肉の代わりに豚ひき肉00gと添付の炭火焼肉風味パウダーをよく混ぜ、平たいミートボールを作り、フライパンで焼いても美味しい!
②ブン(お米めん)を茹でる
ブンを6分程度茹で、ザルに移し水で軽く締めてから、よく水切りしれ器に盛り付ける。
③ヌックチャム(つけだれ)を用意
ヌックチャム(つけだれ)を水75ml(大さじ5杯)で希釈する。お好みで味の濃さは水の量で調整してください。ブン(お米めん)の器に焼いたお肉を盛り付け、つけ麺風、もしくはスープをかけて混ぜ麺としてお召し上がりください。
 
・ブンチャーセット(2人前)
・ロメインレタス
・赤玉ねぎ
・にんじん
・青じそ
・魚肉つみれ
・豚バラ肉
豚バラ肉に添付の炭火焼肉風味パウダー(下味パウダー)をまぶし・・
フライパンでカリッとなるまで焼きます。
魚肉つみれも一緒に加熱します。
ブンを6分程度茹で・・
ザルに移し水で軽く締めてから・・
よく水切りしれ器に盛り付けます。
水75ml(大さじ5杯)&ヌックチャム(つけだれ)
ヌックチャム(つけだれ)を水75ml(大さじ5杯)で希釈します。
器に入れてスタンバイ!
焼いた豚肉など具材を麺の上に盛り付けて完成です。
ブン(お米めん)の器に焼いたお肉を盛り付け、つけ麺風、もしくはスープをかけて混ぜ麺としていただきます。
今回は、つけ麺風で・・
具材をたっぷり入れでお肉と一緒に食べると美味しかったです。

【まとめ】

今回は、コストコで購入した、ベトナムの【ブン・チャー(ベトナムつけ麵セット)】をご紹介しました。

こちらは、ベトナム・ハノイの人気麺が家庭で手軽に食べれるセットになっています。具材は用意する必要がありますが、家にあるものを適当に入れて食べても美味しかったです。(笑)

炭火焼肉風味パウダー(下味パウダー)は、何の味と聞かれるとよくわからないのですが、普通に美味しくて癖はないかなーと思いました。

つけだれは・・魚醬が少し強めかなーと思いました。我が家は、タイのナンプラーが好きなのですが、ベトナムでは魚醬はナンプラーとは言わないのかな???でも、辛くはなく、甘酸っぱいさっぱりとした味付けなので美味しかったです。コストコ【ブン・チャー(ベトナムつけ麵セット)】ベトナムなどアジア好きな方、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました