【複利効果】とは、投資した金が少しずつ増えることで、増えたお金からも、またさらに増え続ける力です!

その他
スポンサーリンク

<複利効果とは?>

複利効果は、お金を使って投資することで得られる「特別な力」です。

この力によって、お金が少しずつ増えるだけでなく、増えたお金からもまたさらに増える仕組みです。

お金を投資して利益がでた時、その利益が元本に加えて利息を生む仕組みです。

利益が出ることで、お金がどんどん加速して増えていきく「特別な力」です。

この効果を利用すると、時間をかけて資産が劇的に増えるため、長期的な投資戦略において非常に有益に早い段階から複利効果を活かすことができます。

そして、少額の投資から将来的には大きな資産を築くことができます。

 

例えば、

大谷くんが、100円のお小遣いを持っているとしましょう。

このお金を使って、

毎年10%の利息がついて魔法の貯金箱に入れることができます。

毎年10%の利息

1年目: 100円 × 10%= 110円

2年目: 110円 × 10%= 121円

 (元本+利息10%に更に10%)

3年目: 121円 × 10%= 133円

4年目: 133円 × 10% = 146円

5年目: 146円 × 10%= 161円

これが複利効果です!

最初は100円しかなかったのに、

5年後には161円に増えています。

毎年10%の利息が付くことで、お金がどんどん増えています。

 

10万投資した場合

初期投資:10万円
積立:0円
年利回り:10%
積立期間:10年
元本10万

元本:10万

運用資産額270,705円
    (+170,705円)

 

100万投資した場合
初期投資:100万円
積立:0円

年利回り:10%
積立期間:10年
元本100万

元本:100万

運用資産額:2,707,042円
    (+1,707,042円)

 

1000万投資した場合

毎月積立:1000万円
積立:0円

年利回り:10%
積立期間:10年
元本1000万

元本:1000万

運用資産額:27,070,415円
    (+17,070,415円)

 

投資資産が大きければ大きいほど、福利で資産が膨らんでいきます。

スポンサーリンク

お金が増える仕組み

お金が増える仕組みは、

「入金力×運用収益×時間」

という式で表されます。

お金を稼ぐ方法には、3つの大切な要素があります!

それは、

「入金力」

「運用収益」

「時間」

です。

入金力

これはお金をどれくらいたくさん使うか、投資に使うお金のことです。

たとえば、100円でも1,000円でも、自分のお小遣いを使って投資を始めることがが重要です。

運用収益(運用利回り)

これはお金がどれだけ成長するかを表した数字です。

例えば、1年で10%の運用収益が得られる場合、

100円なら110円(元本×10%)に、1,000円なら1,100円(元本×10%)に成長します。

時間

これは投資をする期間のことです。

投資を始めてからどれくらいの期間、お金が成長するかが重要です。

最初のうちは成長がゆっくりと感じられるかもしれませんが、

時間をかけて指数関数的に資産が増えていけば、長期的な視点で投資を行うことが資産形成に有利となります。

 

この3つの要素を掛け合わせると、お金がどんどん増えていきます!

「入金力」×「運用収益」×「時間」の式を使って計算すると、

長期的な投資により、利益が時間とともにどんどん積み重なっていきます。

最初は少額の投資でも、時間の経過とともに成長していきます。

結果的に、長期的な投資が将来的にはより大きな資産を築くことに繋がります。

複利効果のメリット:

複利効果を利用することで、お金が少しずつ成長するだけでなく、時間を経て加速度的に大きくできることができます。 

元本が増えるだけでなく、増えた元本からも恩恵が生まれてさらに成長します。

成長率が一定の場合、お金が指数関数的に増えるため、時間が経つにつれて資産が大幅に増加する特徴があります。

少額からでも成長していくために、大きな元本を用意しなくても資産を増やすことができます。

定期的な投資を行うことで、少しずつ成長する資産を築くことができますできます。

まとめ:

複利効果は、お金を投資して増やす力です。

投資をすると、お金が少しずつ増えるだけでなく、増えたお金からも利益が生まれてどんどん増えていきます。

ぜひ早く投資を始めて、長い期間かけて運用していくことが大切です。

将来の夢や目標に向けて、お金を育てていく楽しみを持ってみてください!

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました