スポンサーリンク

コストコの『カオマンガイ』東南アジアの庶民料理を手軽にご家庭で食べれちゃいます!!これってタイ料理なのかな?!

コストコ

ついに購入してまいりました、コストコの『カオマンガイ』!!

めちゃめちゃ旨そうじゃーありませんか!?

見た目もとっても鮮やかで、

赤あり(ミニトマト)、

緑あり(パクチー)、

肉あり(鶏肉)、

コメあり(インディカ米)と

思いっきり主食になるので即購入!!

ところでこのとっても覚えにくく、言いにくい『カオマンガイ』っていったい何だろう?

簡単に説明すると、

茹でた鶏とその茹で汁で調理したタイ米を同じ皿へ盛りつけたコメ料理

 

台湾や香港・マレーシア・シンガポール・タイなどの東南アジア方面の庶民料理らしい。

 

ちなみに、タイでは


カオはご飯
マンは油
ガイは鶏肉


を意味し屋台や専門店などがめちゃめちゃ有るみたいです。

また、

お国やお店によって調理方法やタレ等が違いいろんな『カオマンガイ』が手軽に楽しめる。

 

品名 惣菜
カオマンガイ
価格 1,280円(税込)
原材料

蒸し鶏、タイ米、チキンライス調味液(チキンスープ、チキンエキス、その他)、カオマンガイソース(おろししょうが、水あめ、ねぎ、にんにく、その他)、 ミニトマト、アジアンハーブソース、パクチー、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸味料、香料、着色料(紅花黄、クチナシ)、 酸化防止剤(緑茶抽出物)、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、卵、乳、ごま、大豆、漁醤(魚介類)を含む)

内容量 1,010g
賞味期限 購入日より2日くらい
保存方法 要冷蔵4℃以下

値札のところの説明詳細を見ると、『KHAO MAN GAI』


ジャスミンライスに鶏肉の旨みがたっぷりしみこんだタイのローカルフード!!


おろし生姜ネギがたっぷり入った

カオマンガイソース

ライムなど柑橘の香りが爽やかなハーブソース2種類を添付しました。


お好みでかけてお召し上がりください。


と書かれていました。

こちらが、

カオマンガイソースライムなど柑橘の香りが爽やかなハーブソースのようです

内容量としては、1,010gなのでこれをメインの主食として食べるのであれば、

大人3人前くらいかな!!我が家は俺・奥さん・娘で平らげました!

ただ、成人男性3人では物足りないかもしれません!


(男性2人前かな! ※1人500g×2)

鶏スープで炊いたタイ米が、見事にチキンライス色に染まっています!!


タイ米特有のパサパサ感があり僕たちが 普段食べている日本米「ジャポニカ米」というらしいが、

甘みと粘りがあるが、

この『カオマンガイ』は、タイ米(インディカ米)が使われていて、

ジャポニカより粘りが少なくパサパサした感じが特徴で、


特にご飯に味をつけて食べる料理に適している

 

チャーハンやタイカレーなどは

ジャポニカ米よりインディカ米の方が適してるのはこんな理由からでもあるんですかね!


この鶏肉の分厚さは半端なくボリューム感たっぷり!!


お味もとってもジューシーで鶏だし汁がしっかり肉に染み込んでいました!


美味しい!おいしい!と奥さんと娘はパクパク食べていました!!

まとめ

鶏ダシがしっとりと染み込んだご飯とジューシーな分厚い鶏肉はとてもタイ料理らしい食感でおいしかったです。

おろし生姜とネギがたっぷり入ったカオマンガイソースとライムなど柑橘ハーブソースの2種類はお好みでかけるか、もしくは自家製でお好みのソースを作って色々な味を楽しむのも良いと思いました!

僕は正直、パクチーやジャスミンライスが苦手なので今回の『カオマンガイ』は、軽食になりました!
が、奥さんと娘は、ジャスミンライスは鶏の旨味がついて香りもありとても美味しかった!

また、絶対食べたーいと、叫んでいました!!こればっかりは好みですね!!

とにかくこんなに気軽にタイの庶民料理『カオマンガイ』が食べられるのはホント嬉しいですね!!

タイトルとURLをコピーしました