『タイ:チェンマイ立地最高ホテル Buaraya Hotel』2019年:タイ旅:バンコク&チェンマイ4泊6日

2019年12月20日(金)~25日(水) 4泊6日

今回のは、バックパッカーデビュー

から1ヵ月後の旅として、

タイへ行って来ました。

 

ママは、3回目のタイ!

パパには、初タイです。

 

この旅では、2人以外に、父も同行しました。

2世代旅です。(子供たち・・今回もごめん)

 

3人ともバックパッカーです。(笑)

今回も、航空券・宿などを個人手配で予約して行って来ました。

2世代旅、とても楽しんできました。

金額なども載せていますので、

今後の基準に、また皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

『タイ:チェンマイ立地最高ホテル Buaraya Hotel』

2019年:タイ旅:バンコク&チェンマイ4泊6日

 

チェンマイには、2泊したのですが、今回は、2つの宿泊施設に泊まりました。

2つ目の宿泊場所は、旧市街付近にしました。

スポンサーリンク

【金額】

今回も、アゴダで予約。

2部屋を別々に取りました。

私たち夫婦には、ツインベット

1部屋 2,150円(1人約1,075円)

父には、ダブルベットのお部屋。

1部屋 2,201円

 

でも・・・問題発生!

現地でチェックインの時、予約した名前の部屋は、無いので

追加で200バーツ(約740円)払えば、ダブルベットの部屋にしてあげる。

と言われたのでした。

 

今のままだと、一人で利用するのに、ベッドが2つになってしまうので、

ひとりで大きなベッドで寝てもらいたかったので、しぶしぶ200バーツの追加を払いまいした。

でも、どう考えても・・納得できないなーー。

予約の時点でも、2つの部屋(ツインベットとダブルベット)には、差額が出ているし・・

せっかく別々に予約したのに・・・

なんだか詐欺にでもあったような・・そんな気分でしたが・・

まあ、それ以外は、とっても快適に過ごせました。

 

【どこにある?】

 

このホテルは、旧市街まで徒歩圏内です。

日曜日に開催される、サンデーマーケットに行きたかったので、こちらを選びました。

大好きなドリアンも絵になる。


可愛すぎる・・・・

【ホテルの中】


海外には珍しく嬉しいバスタブ付き。


アメニティーも揃っています。

【付近にあるのも:屋台街】

このホテルを出てすぐの所に、夜になると屋台街が出現します。

昼間は、何もないのに、その代わり様にびっくりしました。

この屋台街の中にも人気店があるので、行ってみました。

※グーグルマップ評価

このお店のスタッフの方は、日本が大好きだそうで、数回日本にみえているそうです。

写真を見せてくれて、楽しく過ごしました。

 

味は・・日本人も大好きな味で、とっても美味しかったです。

その他にも、いろいろなメニューのあるお店もありました。

本場のタイ料理を味わえました。


見た目は・・イマイチかもしれませんが、
めっちゃ美味しい料理でした。


本場の色々なタイ料理が食べれて良いです。

この屋台街だけで、3店舗で食事しました。

サンデーマーケットもいいですが、こちらの屋台街もおすすめです。

【付近にあるもの:カオソーイ専門店】

徒歩5分以内の所には、カオソーイの専門店があります。

※グーグルマップ評価

めちゃくちゃ混んでいました。1時間近く待ったかも・・

日本人は、私たちだけでしたが、観光客も地元の方も色々な国の方がみえました。

メニューは、カオソーイだけ。

お肉の種類が違うのとサイズが違うようでした。

チキンを食べたかったのですが、既に売り切れでポークにしました。

美味しかったーー。

これで、40バーツ(150円)くらいです。安い!


ポークも柔らかくて美味しいです。
麺は、太麺なのに、ソースに絡んで美味しいです。

瓶入りコーラーも、10バーツ

とっても庶民的で嬉しかったです。

売り切れになると、営業時間内でも閉まってしまうので、早めにいくといいです。

ホテルの立地が最高なBuaraya Hotel、おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました