楽天カードの使い方の注意点と対策方法を説明!

その他

楽天カードは、入会しやすいクレジットカードとして人気があります。さらに多くのポイントが貯まるので、メインのクレジットカードとして利用している人も多いようです。

便利な楽天カードを利用するときの注意点やトラブルに関する対策方法を説明していきます。

楽天カードを有意義に利用してください。

【楽天カードの利用方法でオススメできない方法とは?】
クレジットカードの中でも人気の高い楽天カードですが、オススメできる利用方法があるようにオススメできない利用方法もあります。

楽天カードの利用方法でもオススメできない方法をいくつか紹介します。他のクレジットカードでも同様のことが言えるので参考にしてください。

スポンサーリンク

楽天カードの利用方法でキャッシングメインに利用する!

楽天カードは、敷居の低いクレジットカードとして有名です。だからと言っていい加減な使い方をしていれば、突然利用停止になることも考えられます。

特に楽天カードのキャッシング枠を利用している人は注意が必要です。楽天カードのキャッシングや楽天銀行のカードローンは、突然利用停止になる危険性が高いといわれています。

もちろん、理由がなくて利用停止になるわけではありません。利用停止になるには必ず理由がありますが、その基準はカード会社によって異なります。

キャッシングをメインに考えている人は、クレジットカードよりも銀行や信用金庫などのカードローンを利用することをオススメします。

キャンペーンを利用したリボ払いには注意

楽天カードだけではありませんが、ショッピングの代金支払い方法にリボ払いを中心にしている人は注意が必要です。リボ払いは基本的にオススメできません。

リボ払いは毎月の支払いが抑えられますが、残金がなくなるわけではないので錯覚を起こしやすくなる支払い方法です。毎月少額に設定されているのがポイントになります。

特に楽天カードには、リボ払いを推奨するキャンペーンがあるので利用時には細心の注意をはらうようにしてください。

特にメインで使用している人にはオススメできません。

滞納癖や借金の覆い人は要注意!

楽天カードに限ったことではありませんが、日頃から滞納癖のある人や借り入れ金がある人は要注意です。本来多重債務の人はクレジットカードの審査には通りません。

楽天カードの入会審査は甘く設定されていますが、途上与信は厳しいと言われています。実際の状況は定かではありませんが、滞納や多重債務は避けるのが無難です。

クレジットカードの審査基準は、大きくわけると2通りあります。共通していることは、クレジットカードを利用してくれて支払いも滞らない人が良い顧客ということです。

Aのパターンは、審査基準を厳しくして初めから滞納などの危険性の少ない人だけを審査を通すタイプのクレジットカードです。

Bのパターンは、最初の審査基準を甘くして利用状況を見ながら危険だと判断した時点で利用停止にするクレジットカードになります。

いわいるステータスの高いクレジットカードは、Aのパターンです。楽天カードはどちらかと言えば、Bのパターンになります。

従って楽天カードは、利用状況によって突然利用停止になるケースが多いといわれています。もちろん、普通に利用していれば特に問題なく利用を継続できるはずです。

【楽天カードの注意点!カードの利用停止になる理由とは?】
楽天カードが利用停止になるには、それなりの理由があります。利用者は突然と感じることも冷静に判断をすれば理解できることが多いと思います。

ここでは、楽天カードの利用停止になる理由について説明をしていきます。中には二度と楽天カードが利用できなくなるケースもあるので注意が必要です。

理由が明確な楽天カードの利用停止理由

楽天カードの利用停止が明確な場合で、最も多いパターンを2つ紹介しておきます。対応方法は、後ほど説明しますので該当する方は参考にしてください。

・利用限度額オーバー
クレジットカードを利用していれば、当然のことです。利用限度額を超えた利用は基本的にできないので計画的な利用が重要になります。

この状況が起きるパターンは、利用日や支払いの反映のずれが考えられます。毎月の口座振替を楽天銀行以外にしている場合は、反映が数日遅れるので注意が必要です。

・磁気不良
クレジットカードを利用しているとお店で突然使えないというケースがあります。この場合は、利用停止以外に磁気不良の可能性が考えられます。

楽天e-NAVIの画面にログインできる方は、利用停止にはなっていません。磁気不良の場合は、再発行をすることで解決できます。

「知らなかった」ではすまない楽天カードの利用停止の原因

楽天カードの利用停止の中でも危険なパターンの利用停止を2つ紹介します。2つとも重要なことなので充分に注意することをオススメします。

・利用料金の延滞
毎月の支払いを延滞すると楽天カードが利用停止になります。ただし、多くの場合は1回で完全に利用停止になるわけではないようです。

延滞の頻度が多い顧客は、楽天側も危険な顧客と判断します。この場合は、利用停止になりますので注意が必要です。

・不正利用の疑い?
本人が理解できない楽天カードの利用停止の理由でもっともわかりにくいケースが不正利用の疑いになります。このケースは、本人の自覚に関係なく利用停止になるので注意が必要です。

クレジットカードの不正利用でもっとも多いパターンが、商品を購入後に現金化させる行為です。この行為は、基本的に規約違反行為となります。

クレジットカードを利用するときに高額の商品を短期間で購入するときや、金券や商品券などの購入が繰り返しおこなわれると不正行為と見られる危険性があります。

途上与信で利用不可と判断された楽天カードの利用停止

楽天カードの強制利用停止でもっとも多いのがこのパターンだと言われています。特に利用枠の増額申請や、キャッシング枠の利用には注意が必要です。

楽天カードに限らずクレジットカードは、途上与信といって定期的に利用状況に応じて審査をおこなっています。このときに危険だと判断されると利用停止になることがあります。

【楽天カードで利用停止になった場合の対応策】
楽天カードを利用している人の多くは「楽天e-NAVI」を利用していると思います。ログインをしたときに、エラーコードがあるとかなり焦るはずです。

ここでは、楽天カードが利用停止になった場合の対応策をケース別に説明していきます。中には、二度と楽天カードが利用できないケースもあるので要注意です。

楽天カードのエラーコードの意味とは?

まず楽天e-NAVIでログインしたときに表示されるエラーコード」を簡単に紹介しておきます。もし、該当するエラーコードが出ていると記載している原因の可能性が高くなります。

・エラーコード1

所有カードが利用停止になっている状態です。完全な利用停止状態ではありませんが、かなり危険な状態といえます。

考えられる理由は、延滞途上与信です。延滞の場合は、できるだけ早く料金を支払うのが最善の方法になります。

途上与信の場合は、原因を把握する必要があります。もっとも危険なケースがキャッシング枠の増額申請になります。

また、他のクレジットカードの申し込みやキャッシングを利用していると審査で利用停止になる危険性が高くなります。

原因を解決できても必ず利用が可能になるとは限りません。信用情報に記録が残るような状況だと他のクレジットカードに申し込みをしても厳しい結果になると思います。

・エラーコード2

利用停止が強制解約になったときのエラーコードです。事実上楽天カードの利用は二度とできないと考えて間違いありません。

再度申し込むと半年以上の期間があいていれば、審査の対象にはなります。審査の対象にはなりますが、審査を通過するのはかなり厳しいと考えられます。

インターネットを検索すると他社のカードを紹介しているケースもありますが、クレジットカードの多くは年収や債務状況に問題があると審査に通りません。

可能性があるのは、家電量販店やスーパーなどのクレジットカードです。特にこれまでの利用が多い人は、入会募集をしているときに申し込めば可能性があります。

・エラーコードA

キャッシング利用枠が利用停止になっている状態です。この場合は、キャッシングが利用できません。

楽天カードのキャッシング利用は、あまりオススメできません。同じように他社のクレジットカードのキャッシング枠も利用を避けるのが無難です。

どうしてもキャッシングを考えている人は、銀行や信用金庫のカードローンを利用するか、加入している生命保険によって借り入れが可能な契約もあるので、確認することをオススメします。

・エラーコードC

楽天カードのサービス対象外の申し込みをしたときに出るエラーコードです。カスタマーセンターに連絡をしてください。
 

・エラーコードM

楽天カードのショッピング枠やキャッシング枠の増額を申請したときに「年収」が理由で否決されたときに出るエラーコードです。

楽天カードのエラーコードMは、単純に増額審査に落ちたというだけではありません。この後にエラーコード2に変更されることもあります。

クレジットカードの利用枠は、カード会社が独自の判断で決定しています。利用頻度や支払い状況を審査基準にして利用枠を増減させるのが一般的です。

基本的な対応策は、楽天カードの増額申請はおこなわないのが理想です。少なくともショッピング枠は利用状況が良いと判断されれば、増額される可能性が高くなります。

・エラーコードG

エラーコードMと同じく増額審査で否決されたときに出るエラーコードです。違いは、審査落ちの理由が「年収以外」ということになります。

エラーコードGは、ある意味やっかいなエラーです。年収以外の理由といっても様々な理由が考えられます。

対応策は、エラーコードMと同じです。基本的に楽天カードの増額申請はオススメしません。途上与信が厳しいカードなので、現状の範囲で利用することをオススメします。

延滞をしたときの対応策

クレジットカードの支払いで延滞をしてしまったときの最善の対応策は、できるだけ早い連絡と支払いになります。事前に滞納しそうなときは連絡を入れるようにしてください。

クレジットカードの多くは、1回の延滞で強制解約にならないこともあります。複数回になった場合は、ほぼ強制解約になると考えて間違いありません。

利用限度額オーバーの対応策

利用限度額をオーバーしているときは、支払いをおこなって極力クレジットカードの利用を控えることをオススメします。特に分割払やリボ払いは避けるべきです。

利用枠の増額申請や他のクレジットカードを推奨する情報もありますが、最悪の場合現状の楽天カードの強制解約と他のクレジットカードの審査落ちにもなります。

楽天カードの場合は、初期の申し込み審査が甘い変わりに途上与信は厳しいと考えられます。利用限度額もカード会社の判断で増やしてくれるのを待つのが一番オススメです。

カードの磁気不良の対応策

クレジットカードを利用していると保管状況やその他の理由で、磁気不良をおこしてしまい楽天カードの利用ができなくなることもあります。

磁気不良が原因とわかっている場合は、新しい楽天カードを発行してもらう必要があります。カード会社に連絡をして手続きをするようにしてください。

不正使用の疑いの対応策

不正利用が疑われた場合は、突然契約解除になることもあります。高額の商品を購入するときや金券などを複数回購入する場合は、事前に連絡をするのもひとつの方法です。

高額商品は仕方がありませんが、金券を購入する場合は現金で支払うのが安全策になります。不正利用の疑いに関しては、利用者側が注意するしかありません。

途上与信が原因の利用停止の対応策

途上与信が原因の利用停止は、契約解除になる危険性が高い状態です。利用停止の理由がわかっている場合は、その原因を解決するしか方法がありません。

【まとめ】

楽天カードの使い方と注意点や利用停止時の対応策を説明しました楽天カードは突然契約解除になる可能性が高いと世間でいわれています。

楽天カードが利用停止になる原因の多くは、増額申請やキャッシング面の問題点です。利用枠の増額は、カード会社の判断であげてもらえるように利用することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました