スポンサーリンク

コストコの『グリーンシードレスグレープ』種なし・皮食べれる・お味もコスパも文句なし!!生鮮ぶどうの月別・国別輸入が気になったので調べて見た!

コストコ

 ぶどうは、みんな大好きな果物ですよね!僕は大好きです!!

今やコストコに行けば1年通して購入できちゃうぶどう。

さすがです、『コストコ』さん!ホント近くてよかった(*m_ _)m 

国産のぶどうといえば、夏から秋のくだものなので、

それ以外の期間は輸入品のぶどうが出回り、

2014年からオーストラリア産が解禁になってからは、

アメリカ産・チリ産・メキシコ産・ニュージーランド産の4か国がほぼ占めています!

今回購入したアメリカ産『グリーンシードレスグレープ』ですが、

こいつやらかしてくれました!!

「種ない」、

「皮食べれる」

「安い」・・・あと、そう、

「お味」ですね?

さっそく購入してみましょう!(試食で食べてますがね  (*´I`*)) 

 

購入価格:998円

内容量:1.8kg

原産国:アメリカ産

 

前から少し気になるのは、商品を選ぶ際、誰しも痛みが無く、

カビも無く、一番美味しそうなものを探すために触ったり、

裏底を見たり、器を斜めにしてのぞいたりと少し乱暴に扱っている姿が見受けられます!

この前なんか、桃がアザだらけで大変気の毒な姿になっていました!

人の振り見て我が振り直せ!気を付けます!!

ぶどうの輸入している国について気になったので調べて見ました!

生鮮ぶどうの輸入を月別に見ますと(政府統計データ)

2月~5月チリオーストラリア)、

10 月~ 12 月アメリカ)に輸入が増えています。

日本と裏側のオーストラリアやチリのお陰で通年通して美味しいぶどうが味わえるんですね。

 

2014 年までは『生鮮ぶどう』の原産国はチリ米国がほとんどでしたが、

2014 年以降は、ここに※オーストラリアが加わりました。

※【オーストラリアについて】は以下のものは輸入禁止から除く:

オーストラリアから発送され、

他の地域を経由しないで輸入される3品種

(クリムソンシードレス種、トムソンシードレス種、レッドグローブ種)の

生果実で農林水産大臣が定める基準(低温処理による消毒等)に適合しているもの。

 

(2014年2月に、オーストラリア産の生鮮ぶどうのうち、

3品種(クリムソンシードレス、トムソンシードレス、レッドグローブ)については、

条件付きながらも輸入が解禁になりました。  )

 

国産品が出回る夏~秋(7月~9月)は輸入が少なくなっているのは、

日本の農家の人を守るためなのかな?

輸入される品種は、皮ごと食べれる、
チリ・米国の「レッドグローブ」が多く、
オーストラリアの種なし「クリムソンシードレス」や「トムソンシードレス」も多いようです。

普通に食べてももちろん美味しいんですが(たまに外れありますが)、

今回は一房凍らかしました!

3日後に冷凍庫から出して実食しました!!

流石に直後に食べようとしましたがカチカチで僕の歯がやられそうだったので、

10分くらい常温で待つことに。

室内温度にもよると思いますが、見る見るうちにぶどうが溶け食べごろに!
こりゃーたまげました!

大正解です!!

この瑞々しさ見て頂ければお分かり頂けると思います。

一房あっという間に完食です。

『皮ごと食べれて』『種無し』。

ホントあり得ないくらいの激あまでした。

 
この糖度がヤバイですね!!
 
食べ過ぎは禁物ですよ!
一房あっという間に完食です。

ごちそう様でした。

さっそく娘は、明日の弁当ように3粒ラップにまるめて凍らしてました!!
 
タイトルとURLをコピーしました