初心者向け!パソコンを目的別で選ぶポイントをわかりやすく説明!

その他

パソコン初心者の人がパソコンを購入するときにパソコンに詳しい人に聞くと良いこともありますが、

必ずしも良いパソコンを手にすることができないこともあります。

目的別に考えるパソコン選びのポイントを初心者向けに説明をしていきますので、パソコンを選ぶ参考にしてください。

 

【初心者がパソコンを購入する前に決めておくこと!】

パソコン初心者が家電量販店などにパソコンを買いに行くと、知らないうちにお店の人のオススメするパソコンを購入してしまうケースも少なくありません。

初心者がパソコンを購入するときに事前に決めておくことを説明していきます。

自分に適したパソコンを購入するためには、事前確認は必須です。

スポンサーリンク

パソコンの購入目的を明確にする!

パソコンを購入する前に明確にしてほしいことは、パソコン購入する目的です。

パソコンは、目的に応じて適したパソコンの形態やスペックが大きく変わるのが主な理由になります。

例えば、ワープロや表計算ソフトが必要な人は、一般的にoffice搭載のパソコンを購入する必要があります。

さらにパソコンを使用する環境や状態も重要です。

自宅でパソコンを利用する人はさほど気にする必要はありませんが持ち運びが多い人はノートパソコンなどを購入する必要があります

具体的に利用する目的を考えておけば、お店で欲しいパソコンを伝えることも可能です。

初心者がパソコンを購入する場合は、できるだけ目的を明確にすることをオススメします。

パソコンの価格相場と使用目的の比較!

パソコンの価格は、搭載機能や基本スペックで大きく変わります。

一般的に国産メーカーのパソコンを家電量販店で購入すると高価になるのは、搭載ソフトなどが多いことも理由のひとつです。

メーカー直販でカスタマイズしてパソコンを購入すると価格は抑えられますが、初心者にオススメできる購入方法ではありません。

高スペックのパソコンを買えば大抵の人が満足できる搭載機能になっていますが、コストパフォーマンスを考えると高い買い物をしていることになります。

パソコンの価格は、基本的に搭載機能やスペックで決まります。

利用目的に応じた水準のパソコンを購入すれば、価格的にも満足できるはずです。

販売時の状態を把握しよう!

パソコンに詳しい人は、最低限の搭載機能に自分が必要だと思うソフトなどを購入していきます。

初期設定なども問題なくできるので、特に設定用のソフトも必要ありません。

パソコン初心者の人は、基本的なソフトが最初から搭載されているパソコンを購入することをオススメします。

特にoffice系のソフトは必須です。

また、近年のパソコンはインターネット環境やプリンタの初期設定もサポートしてくれるソフトがはいっています。

ソフトの指示通りに設定できるのでオススメです。

パソコンに詳しい人は無駄な搭載ソフトと感じると思いますが、パソコン初心者にとって初期設定は最初の難関でもあるので必要な機能になります。

 

【パソコンを選ぶときに注目する6つのポイント】

パソコン初心者の人がパソコンを選ぶときの事前に決めておくことを説明しました。

次にパソコンを選ぶときに注目するポイントを説明していきます。

ここでは、パソコン選びのポイントを6つ説明していきます。

あくまでもパソコン初心者向けなので、基本的な部分だけ理解しておけば大丈夫です。

パソコン選びのポイント1 OSの種類を覚えておこう!

OSは「Operating System」の略称です。

細かく説明すると難しいシステムですが、パソコンの動作や操作を制御するソフトウェアと考えておけば問題ありません。

パソコンを利用する目的によってOSを意識する必要がありますが

ここで紹介するOSは代表的なOSの中でも初心者のパソコン選びに必要なものです。

・Windows

マイクロソフト社から発売されているOSです。

日本の家電量販店で販売されている大部分のパソコンが搭載しているOSになります。

世界的にも圧倒的なシェアをほこるOSなので、安心して利用できます。

ソフト面の充実度を考えると初心者の人にもっともオススメできます。

 

・Mac OS

Apple社から発売されているOSで、Apple社製品用のOSです。

利用率は決して多くありませんが、一部のファンから人気のあるOSになります。

Mac OSのモバイル端末用に開発された「iOS」を搭載している「iPhone」や「iPad」との相性が抜群なので、現在は安定した利用率になっています。

 

・Chrome OS

Google社が開発したOSで、LinuxというOSをベースにしているOSです。

多くの動作環境がブラウザ上でおこなうのが最大の特徴になります

基本的な動作は、Googleアカウントを利用しておこないます

Chrome OSを搭載したChrome bookは注目されているパソコンです。

 

・AndroidとiOS

AndroidとiOSは、モバイル用のOSです。

AndroidはGoogle社の開発したOSで多くのモバイル端末で利用しています。

iOSは、Apple社が開発したモバイル用OSです。

利用率は高くありませんが、Mac OSとの相性は抜群なので、こだわりを持ったファンも多くいます。

 

OS会社特徴
Windowsマイクロソフト社世界シェアNO1
Mac OSApple社中級者~上級者向き
Chrome OSGoogle社注目OS
AndroidGoogle社(モバイル用)一般的なスマホ
iOSApple社(モバイル用)iPhone.ipadなど

 

パソコン選びのポイント2 CPUの種類と選び方のポイント!

CPUは「Central Processing Unit」の略称で、パソコンの頭脳にあたる部分です。

従ってパソコンの性能を比較する目安になるので、初心者にもわかりやすいと思います。

CPUを比較するときに注目するのは「コア数」「クロック周波数」「キャッシュ」などですが、

初心者の人は目的や価格帯で適したCPUを搭載したパソコンを選べば問題ありません。

 

家庭で使用するパソコンのCPUはIntel」と「AMD」という2つのメーカーがあります。

それぞれの特徴を簡単に紹介しておきます。

 

・Intel社のCPU

:Celeron

低価格のパソコンやモバイル端末に使用されているCPUです。

利用目的にもよりますが、今後を考えるとオススメとは言えません。

:Pentium

Celeronと比較すれば、上位に位置します。

家庭で簡単なワープロや表計算をおこなう人であれば、利用は問題ありません。

:Core i3~Core i9

Intel社のCPUの中でも現在主流になっているシリーズです

数字が大きくなるほど性能が高いですが、価格も高価になります。

 

Intel社:性能別

Celeron:性能が抑えられ省電力で安価だが、処理速度が極めて低い。

Pentium:省電力で性能が抑えれて安価。ワープロ・表計算向き。

Core i3:officeソフト向き。安価である。

Core i5:Core i3の1.5倍の処理性能を搭載。

Core i7:値段は高めだが処理性能が格段と上がる。

 

Core i7, i5, i3「世代別」:
※生まれた順に性能が上がっていく。

第1世代 :2010 年
第2世代 :2011 年(例:Core i3-2100)
第3世代 :2012 年(例:Core i5-3470)
第4世代 :2013 年(例:Core i7-4770)
第5世代 :2015 年(例:Core i7-5675C)
第6世代 :2015 年(例:Core i5-6300)
第7世代 :2017 年(例:Core i3-7100)
第8世代 :2017 年(例:Core i7-8700)
第9世代 :2018 年(例:Core i7-9700K)
第10世代 :2020 年(例:Core i5-10400)
第11世代 :2021年(例:Core i5-11400)

 

世代の見分け方は、

Core i7-9700K
 

上記は、第9世代となります。

 

・AMDのCPU

:AMD A

家庭用ゲーム機器のPlayStation4にも搭載されているCPUです。3D処理能力に優れているので、ゲームを主にするのであればオススメになります。

:AMD FX

最大5GHzのCPUで、AMD製を好むのであればオススメできます。

クリエイター向けとしても人気があります。

:Ryzen

AMD製CPUの中でもっとも優れたCPUです

Intelの上位CPUと比較しても劣らないスペックですが、コスト的に抑えられているのが魅力になります。

価格を抑えてある程度の性能を望むのであれば、core i5かRyzen5 5500uです。

全てにおいて無難な水準のCPUになります。

もう少しコスト面にゆとりがある人やゲーム動画編集を利用目的にするのであれば、

core i7やRyzen7もオススメになります。

 

Ryzenシリーズ別:

Ryzen3 Core i3の対抗馬。価格を抑えたい人向き。

Ryzen5 Core i5や一部のCore i7にも劣らない。コスパもGooD。

Ryzen7 動画編集などを快適に行ないたい人向き。

Ryzen9 価格度返し、誰にも負けない性能が欲しい人向き。

 

パソコン選びのポイント3 メモリを確認しよう!

メモリは、パソコンの作業領域のことです。

数字が大きくなるほど作業領域が大きくなるので、ストレスなく快適に使用できることになります。

メモリは4GB~64GBがありますが、8GB~16GBがオススメです。

一般的な利用目的であれば8GBで充分ですが、ゲーム動画編集が主な目的の場合は16GBの方がストレスなく使用できます。

最低必要メモリ:用途別

4GB :ネット閲覧・通販、サブスク鑑賞、Youtube閲覧、office(ワード・エクセル・パワーポイント)ソフト操作など

8GB :簡単な画像編集、一般的なゲームなど

16GB :Adobe系ソフト操作、オンラインゲーム、本格的な動画編集など

32GB :4K画質でオンラインゲーム、超高画質動画編集など

 
デスクトップのメモリの種類は大きく『DDR3』『DDR4』の2タイプあります。
対応メモリーは、世代ごとに分けられます。
 

・第1世代~第7世代:『DDR3L』
・第2世代:『DDR3』
・第6世代~第11世代:『DDR4』

※第6世代・第7世代は、マザーボードによって決まるので確認しておきましょう。
※世代別にマザーボード対応が決まっています。

世代別対応メモリマザーボードソケット形状
(CPUソケット形状)
マザーボードの大きさ
第1世代DDR3LGA1156MicroATX
第2世代DDR3LGA1155
第3世代DDR3LGA1155
第4世代DDR3LGA1150
第5世代DDR3LGA1150
第6世代DDR3L/DDR4LGA1151
第7世代DDR3L/DDR4LGA1151
第8世代DDR4LGA1151v2
第9世代DDR4LGA1151v2ATX
MicroATX
第10世代DDR4LGA1200ATX
MicroATX
Mini-ITX

第11世代DDR4LGA1200

 

今使用しているデスクトップのメモリーは、32GB(16GB×2枚)を使用しています。

  • 規格:PC4-21300 (DDR4-2666MHz)
  • 容量:32GB (16GB×2枚)
  • サイズ: W135mm×D6mm×H33.5mm
  • 種類:288Pin DDR4-SDRAM Unbuffered DIMM

自分はadove系ソフトを快適に使用したかったので、32GBは必要でした。使用ソフト等快適に安定した動作で起動出来ており大満足です。

 

16GB(8GB×2枚)でしたら、こちらがおススメです。

パソコン選びのポイント4 内部ストレージ(保存領域)の確認をしよう!

ストレージは、保存領域のことです。

購入するパソコンの形状によって数値が変わると思いますが、大きい数字の方が良い機種になります。

一般的な使用目的の人は、512GBでも良いですが、ゲームや動画編集をおこなう人や保存データをパソコン内に置く場合は、1TBもオススメです。

 

耐久性が良く、衝撃にも強いこちらのSSDがおススメです。

 

上記は2.5インチなので、そのままではパソコンに取り付けられません。

2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付きをオススメします。

 

 

サブストレージとして大量の動画・静止画を保存するのに最適なのが、PCケース内に収まるこちらのHDDです。

8TBもあってこのコスパ!現在使用しており快適なのでおススメです。

 

パソコン選びのポイント5 インターフェースの基本と選び方のポイント!

インターフェースには、USBをはじめHDMIや有線LANなどがあります。

自分の使用目的や好みで選ぶことになります。

特にUSBの設置場所や数は重要です。

使用目的に応じて、家電量販店の店員などに聞いて比較するのもひとつの方法になります。

パソコン選びのポイント6 モニターサイズの基本と選び方のポイント!

パソコンのモニターのことを「ディスプレイ」とも呼びます。

モニターを選ぶポイントは、画面サイズ・視野角・色域・光沢の有無になります。

 

・画面サイズ

パソコンの形状や設置場所にもよりますので、一概に言えません。

注意点は量販店などのお店で見るのと自宅では感覚が違うので、事前にリサーチが重要です。

パソコンを設置する場所にもよりますが、

デスクトップでは、24~27インチ、

ノートパソコンでは、15.6~17インチがおススメです。

近くの量販店で購入前に必ず実機を確認しておきましょう。

画面の横と縦の比率は、16対9のワイドタイプが主流でおすすめです。  

※液晶モニターは、実際の表示領域を確認しましょう。フレーム幅で表示領域はかなり変わります。

こちらは、実際に使用しているモデルです。

フレームレスなので、画面表示も大きくデザインもシンプルです。長時間の作業でも疲れにくく178°の広い視野角だからどこから見てもキレイに映ります。

・画面サイズ:23.8インチ
・解像度:フルHD(1920×1080)
・ノングレア、ISP

 

もうひとつサイズを上げるのであれば、27インチがおススメです。現在自宅で使用していますが、次回モニター購入時もこちらを買いたいです。

・画面サイズ:23.8インチ
・解像度:フルHD(1920×1080)
・ノングレア、ISP

 

・視野角

視野角は広い方が見やすいのが一般的です。「IPS」「広視野角」といった言葉が仕様やスペックの一覧に書いてあります。

購入前に必ず実機を 量販店 で確認することをオススメします。

VAパネルは、IPSパネルと比較すると視野角が狭く、斜めからだと画面が見にくくなります。

TNパネルは、以前は主流のパネルでしたが、見る角度によって色が変わってしまうのが弱点です。

 

・色域

色域が大きいほど表示できる色の範囲が多くなります。

ポイントは、sRGBカバー率が100%に近いモニターを選ぶことです。

 

・光沢

光沢は、非光沢(ノングレア)・光沢(グレア)の他に低反射(アンチリフレクション)というものもあります。

光沢に関しては、好みの問題があるので一概にどれが良いとは言えません。

光沢(グレア)は、表面がツヤツヤで外部からの映り込むので、 非光沢(ノングレア)  と比べると目が疲れやすいです。

非光沢(ノングレア) は、外部からの映り込みが少なく、目への負担も軽く、液晶表面がキズつきにくいのでおススメです。

 

【デスクトップとノートのどちらがオススメ?目的別に考えるパソコンの種類!】

パソコンの性能について説明をしてきました。次に考えるのは、実際に購入するパソコンの形状になります。

ここでは、パソコンの種類を簡単に説明していきます。

自分の目的に応じて最適なパソコンを選ぶ参考にしてください。

本格仕様と拡張性を考える!デスクトップ型

本格的な利用と拡張性を考えるのであれば、デスクトップ型がオススメです。

ただしデスクトップ型はデメリットも多いので注意が必要になります。

 

・本格的なデスクトップ!タワー型

本体・ディスプレイ・キーボードが単体になっているのが基本です。

拡張性や耐久性に優れいている反面、設置スペース的にかなり場所をとります。

本体のサイズによって「タワー型」「ミニタワー型」と区分することもあります。

デスクトップ型の中でも本格志向向きの人に向いています。

 

・コスパ重視のデスクトップ!省スペース型

タワー型の本体部分を小さくしたタイプが省スペース型と呼ばれるデスクトップ型パソコンです。

タワー型よりも少ないスペースで利用できるので、一時期は主流になりました。

タワー型に比べると拡張性が低いので、本格仕様を目指す人には最終的に問題点が多くなります。

設置とコストを重視する人に向いています。

 

・新しいデスクトップタイプ!液晶一体型

他のデスクトップ型に比べて設置スペースが少なく、コスト的にも抑えているデスクトップ型になります。

見た目という意味では、もっとも優れているデスクトップ型です。

問題点は、拡張性や性能面で他のデスクトップ型よりも劣る点です。

更に故障時の対応が面倒なので、初心者向けとは言えません。

 

省スペースで使うなら!ノート型

ノートパソコンは、本体・ディスプレイ・キーボードが一体となっているパソコンのことを言います。

持ち運びに適したパソコンとしてビジネス関連にも人気があります

 

・一般的なノートパソコン

一般的なノートパソコンは、本体・ディスプレイ・キーボードが一体となっているパソコンです。

ディスプレイは、持ち運び便利な11.6インチから基本設置型の17型まであります。

近年のノートパソコンは性能も高くなっているので、初心者にもオススメできる形状のパソコンです。

ノート型と言っても持ち運びは、不向きなものも多数あります。

 

・ネットブックパソコン

ネットブックパソコンは、モニターサイズが7インチ~11インチ程度のパソコンです。持ち運びに特化しているパソコンとして注目されました。

スマートフォンやタブレットパソコンの性能が高くなった現在は、価格・性能のどちらも初心者向けにはなりません。

手軽さで選ぶ!タブレット型

タブレット型パソコンは、本来モバイル用端末OSが搭載されいるものをタブレットと呼びます。

パソコンに使用しているOSを搭載しているものは、タブレットPCになります。

小型で軽量なタブレットPCは持ち運びに便利ですが、性能的にはノートパソコンよりかなり低くなります。

主軸のパソコンとしての購入はオススメしません。

新しいハイブリッドタイプのパソコン!2in1型

2in1型のパソコンは、ノートパソコンとタブレットPCのどちらの性能も使用できるハイブリッドタイプのパソコンとして人気があります。

 

・ノートパソコンに近い2in1型

ノートパソコンとしての使用がメインの2in1型です。

コンバーチブルタイプでタブレットPCとしての性能も高いのが魅力になります。

他のノートパソコンに比べるとコスト的に高いのがデメリットです

性能は悪くありませんが、初心者向けには少々コスト面で不満があります。

 

・タブレットに近い2in1型

キーボードが着脱可能なタイプの2in1型です。通常のタブレットPCよりも高性能な仕様なので、ビジネスでの利用も目立ちます。

利用価値は高いタブレットに近い2in1型ですが、価格面やキーボード使用時の違和感が欠点になります。

タブレット使用をメインで考える人にオススメです。

 

【具体的な用途別にパソコンを選ぶときのポイントとは?】

パソコン初心者の人がパソコンを選ぶときのポイントをいくつか説明してきましたが、

目的別にパソコンを選ぶポイントを具体的に説明していきます。

テレワークや遠隔授業などパソコン初心者やお子さん向けのパソコン!

コロナ過の影響でテレワークや遠隔授業でパソコンが必要になった人も多いと思います。

テレワークやお子さんの遠隔授業が主な目的という場合は、基本的にノートパソコンをオススメします。

テレワークの内容にもよりますが、パソコン初心者という設定なのでエンジニアということはないと思います。

従ってコストパフォーマンスに優れたノートパソコンが理想的です

性能が高いノートパソコンは快適に使用できますが、価格も高くなります。

特にお子さんの遠隔授業が主体のパソコンの場合は、Chrome bookをオススメします。

動画編集初心者にオススメのソフトとパソコン!

動画編集初心者の人にオススメのパソコンは、AMD社製のCPUを搭載したモデルがオススメになります。

もちろんIntel社製のCPUを搭載した高スペックのモデルも良いですが、コスト面を考慮するとAMD社製がオススメです。

動画編集ソフトは好みもありますが、無料のものよりも有料の方がモチベーションは高くなると思います

初心者向けのソフトは、Power DirectorAdobe Premiere Elementsがオススメです。

その他に「Illustrator」など優秀なソフトがたくさんあります。

動画編集応用編!オススメのソフトとパソコン!

動画編集の中級者や上級者となるとパソコンのスペックもある程度高くする必要があります。

利用目的や扱うデータ量に応じて対応する必要があります。

利用するソフトも初級者向けのものを使いこなすこともできますが「Adobe Premiere Pro」が、一般的にプロ仕様と言われているソフトになります。

【まとめ】

今回は、パソコン初心者の人がパソコンを選ぶときに抑えておきたいポイントを中心に説明をしました。

パソコンは高性能で高価格なモデルを購入すれば快適に利用できますが、

多くの場合は性能を使い切れずに終わるケースが殆どです。

自分に適した性能や価格帯のパソコンを選択することをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました